HOME | 二次相続の相談をしたい方へ

二次相続の相談をしたい方へ

二次相続をふまえ、最適なシミュレーションいたします

(相談内容例)
父が亡くなり、相続税がかかりそうです。
 父の財産をすべて母が取得とすると相続税がかからないと聞きました。
 遺産分割協議をするにあたり、全ての財産を母が取得しようと考えていますが、良いのでしょうか。

【前提】
相続人の家系図


被相続人 : 父 
相続人  : 母、長男、長女 
父の財産 : 1億5千万円
母の財産 : ゼロ(無し)
 

「二次相続」とは、最初の相続(一次相続)で配偶者と子供が相続し、その後残された配偶者が亡くなった時に起こる2度目の相続の事をいいます。
相続税には、「配偶者の税額軽減」という特例があります。これは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により取得した財産額が、次の金額のどちらか多い金額までは、配偶者に相続税はかからないという制度です。
 1億6千万円  
 配偶者の法定相続分相当額

 今回のケースをみてみると・・・
 被相続人である父が所有する財産は1億5千万円ですので、
 その財産全てを配偶者である母が取得すれば相続税はかからないということになります。

 ただし・・・
 今回のような場合には、「二次相続」というものを考えなければなりません。
  今回のケースでいうと、父の相続が「一次相続」、将来発生する母の相続が「二次相続」ということになります。
一次相続である父の相続において、その全ての財産を母が取得する場合には、配偶者の税額軽減により、相続税は発生しません。

 では、将来起こる二次相続、母が亡くなった場合の相続税はどうなるのでしょうか?

 仮に、母が亡くなった時に、父から譲り受けた1億5千万円がそのまま残っていれば、なんと長男と長女の二人で合計1,840万円の相続税を納めなければなりません。
 一次相続税はかからないけど、二次相続税が多額に発生してしまう事態となってしまいます。
一次相続の財産分けについてご相談を受けた場合には、「二次相続」のことも考慮したうえでアドバイスをさせていただきます。
当センターでは、「二次相続」を踏まえた相続税のシミュレーションは勿論、ご家庭の資産状況や環境を考慮して、最適な相続をご提案させて頂きます。

中垣健税理士事務所ご案内バナー
中垣健税理士事務所ご案内バナー

【対応地域】:岡崎・安城・豊田・刈谷・知立・幸田・西尾を中心とした愛知県全域に対応しております。

あいち未来相続手続センターのお問合せボタン
あいち未来相続手続センターの電話でお問合せ
あいち未来相続手続センターのお問合せボタン